やりたい事

windows10にVagrantとViutualBoxをインストールしてCentosをサクッとインストールしたい。その環境を検証環境にしたい。

VirtualBoxって何?

windows、mac、linuxに仮想環境を作成するソフトです。今回はwindows10でやってみます。

Vagrantって何?

仮想環境を制御するソフトウェアで、設定ファイルによりソースで管理できるようになります。今回はVirtualBoxを制御するために導入。

導入するメリット

ローカルPCでCentOSを動かせるようになります。

動かせるだけではなくて、サクサク壊せて、サクサク作れる。とにかく早い。

 

作業内容

1.以下のサイトからそれぞれをインストールします。パラメータはデフォルトでokです。次へ次へで簡単にインストール。5分くらいで完了です。

Vagrant

https://www.vagrantup.com/downloads.html

VirtualBox
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

 

2.コマンドプロンプトを起動して以下を実施します。

mkdir C:\Vagrant
cd C:\Vagrant
mkdir cent7
cd cent7
vagrant init

 

3.C:\Vagrant\cent7 にVagrantfileができるのでこれをエディタで編集します。

 

15行目を編集


config.vm.box = “base”


config.vm.box = “bento/centos-7.2”

35行目を編集

# config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”


config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10”

 

4.コマンドプロンプトを起動してvagrant up (仮想サーバの起動)

C:\Vagrant\cent7>vagrant up
Bringing machine ‘default’ up with ‘virtualbox’ provider…
==> default: Importing base box ‘bento/centos-7.2’…
==> default: Matching MAC address for NAT networking…
==> default: Checking if box ‘bento/centos-7.2’ is up to date…
==> default: Setting the name of the VM: cent7_default_1497239938672_9115
==> default: Clearing any previously set network interfaces…
==> default: Preparing network interfaces based on configuration…
default: Adapter 1: nat
default: Adapter 2: hostonly
==> default: Forwarding ports…
default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Booting VM…
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes…
default: SSH address: 127.0.0.1:2222
default: SSH username: vagrant

赤の箇所がアドレス、ポート、ユーザ名(パスワード)です。

 

5.ターミナルソフトで接続

IPアドレス:127.0.0.1

port:2222

アカウント/PWは、vagrant

[vagrant@localhost ~]$ uptime

11:10:12 up 3 min, 1 user, load average: 0.16, 0.26, 0.12
[vagrant@localhost ~]$ ping google.com
PING google.com (172.217.24.142) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt20s01-in-f142.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=1 ttl=51 time=3.39 ms
64 bytes from syd09s06-in-f14.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=2 ttl=51 time=3.53 ms
^C

 

 

補足(コマンド)

サーバ起動:vagrant up

サーバ停止:vagrant halt

サーバ削除:vagrant destroy  ※destroyしたあとにサーバを作り直す場合は、vagrant upするだけ!

 

これでいつでも好きなときにCentOSが使えますね!!

 

カテゴリー: Vagrant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です